すき入れ/すかし

すき入れ/すかし

すき入れ/すかし

読み方: すきいれ
分類: 貨幣

すき入れは、「すかし」とも呼ばれ、紙幣(お札)で使われている、紙の厚さを変えることによって表現する偽造防止技術をいいます。これは、お札を光に透かして判別できるもので、現在、日本銀行券のすき入れは、白すかしと黒すかしを組み合わせた「白黒すかし」が使われ、国立印刷局の独自技法によって、シャープで階調性豊かに表現されています。また、すき入れ(肖像のすかし)の他に、お札に棒状のすき入れを施した「すき入れバーパターン」も組み込まれています。


引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.ifinance.ne.jp/glossary/savings/sav266.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です