ストラクチャード・インベストメント・ビークル(SIV)

ストラクチャード・インベストメント・ビークル(SIV)

ストラクチャード・インベストメント・ビークル(SIV)

英語名: Structured Investment Vehicle
分類: 専門業者・サービス

ストラクチャード・インベストメント・ビークル(SIV)は、長短金利差に着目して利鞘を稼ぐ特殊な形態の資産運用会社をいいます。これは、1988年にシティバンクグループが投資専門のSIVを傘下に設立したのが始まりとのことで、以降、欧米の大手金融機関やヘッジファンドなどが投資目的にSPC(特別目的会社)として設立し、運営するケースが多いです(連結対象外の運用組織として設立)。

一般にSIVは、資本(株式部分)やMTN(ミディアムタームノート)、ABCP(資産担保コマーシャルペーパー)などで資金を集め、それをMBS(不動産融資担保証券)やCDO(債務担保証券)、劣後債などで運用して収益を上げるという仕組みで、「証券化商品で積極的な運用をする特別ファンド」に近いと言えます。また、高レバレッジと短期資金で長期資産に投資する(低金利の短期資金を調達して、高金利の長期金融商品に投資して利鞘を稼ぐ)というスキームに特徴があります。

なお、2008年-2009年の世界的な金融危機の際には、多くのSIVが一時資金繰りの問題から危機に陥ったほか、破綻したところもありました。(金融危機後、欧米の大手金融機関でSIVから撤退したところも多かった)


引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.ifinance.ne.jp/glossary/finance/fin024.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です