スマートハウス

スマートハウス

スマートハウス

英語名: Smart House
分類: スマートビジネス

スマートハウスは、情報技術(IT)を活用して、家庭内のエネルギー消費が最適になるように制御された住宅のことをいいます。これは、ITを使った賢い(スマートな)住宅であり、太陽光発電システム・蓄電池等のエネルギー機器や住宅機器、家電製品などを適切にコントロールし、エネルギーマネジメントを効果的に行うことにより、二酸化炭素(CO2)排出の削減を実現する省エネ住宅でもあります。

一般にスマートハウスは、ITを駆使して電力の需給(需要と供給)を最適化するスマートグリッド(次世代送電網)を基盤に、エネルギー効率の高い都市作りを目指す「スマートコミュニティ」の最小単位としても注目され、その関連製品やシステムなどの世界市場は将来的に巨大なものになると予測されています。また、そういった予測の中、ハウスメーカーでは、住宅のライフサイクル全体でCO2排出をマイナスとする「ライフサイクル・カーボンマイナス住宅(LCCM住宅)」の実現に向けてスマートハウスの開発に注力しています。

<LCCM住宅の開発において中核となるもの>

●ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)

住宅内のエネルギー機器や家電などをネットワーク化し、エネルギー使用を管理・最適化するもので、例えば、消費電力が急増した時に自動的にエアコンの出力を弱めたり、照明を暗くしたりすることで、ピーク時の使用最大電力量を一定限度以下に抑えるように設定することもできる。

●住宅用蓄電池

太陽光発電や燃料電池などで発電した電力や料金の安い夜間電力を住宅用蓄電池に蓄えることで、住宅内の電力需要をうまく調整してエネルギーを効率的に使うことができる。


引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.ifinance.ne.jp/glossary/business/bus100.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です