スローハンド型防衛策

スローハンド型防衛策

スローハンド型防衛策

読み方: すろーはんどがたぼうえいさく
分類: 企業防衛

スローハンド型防衛策は、買収防衛策の類型の一つで、買収対象となった会社(買収対象先)の取締役会構成員の交代を一度に行うことができないため、防衛策の発動を阻止するのに時間を要する方法をいいます。これは、複数の取締役の任期に差を設ける「期差選任制」を採用している会社においては、取締役会の構成員の交代を一度に行うことができないため、買収者が買収対象先の買収防衛策の発動を阻止したり、廃止したりするのに時間を要する仕組みとなっています。


引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.ifinance.ne.jp/glossary/management/man208.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です